img00016.jpg img00037_hdr.jpg img00028.jpg img00021.jpg img04631.jpg img04635.jpg img04691.jpg img04704.jpg image0.jpg
里山大学6月26日妙見山へ

7月23日更新

視察日は猛暑による高温が予想されます。体調のすぐれない方は参加を見送られることをお勧めいたします。その場合8月22日(日)に三田市の主催による皿池湿原視察がありますのでご検討ください。
受講生専用ページ更新しました。


9期生の方に補講についてのハガキをお送りしました。


7月31日は「人と自然の博物館(ひとはく)」にて1時間ほどの座学の上、
皿池湿原へ移動、昼過ぎにまた、ひとはくに戻っての座学となります。
皿池湿原への移動はマイクロバスを利用しますが今回はマイカーでの参加・移動も可能といたします。マイカーでの参加を希望される方はご連絡ください。

(妙見の森視察で団栗小屋にポーチの忘れ物ありました)

案内は7月20日に発送いたします予定。「受講生専用ページ」にも掲載いたします。9期生で補講希望者にもご案内をお送りいたします。
ウェブセミナーコンテンツ公開しました。 ライブ配信ではありませんので受講期間中はいつでも視聴していただけます。
動画の内容にはテキストも含みますのでPCでの視聴を推奨いたします。
受講生専用ページへのログインパスワードは郵便でお送りしました。
郵便物が届かない、ログインがエラーになる場合はお問い合わせください。
 

受講生専用ページの閲覧にはIDとパスワードが必要です

北摂里山大学

学長:服部保(県立南但馬自然学校校長)
顧問:岩槻邦男(県立人と自然の博物館名誉館長


都会近くに残された北摂の里山地域一帯をフィールドに里山の再生と管理、生物多様性、環境学習、歴史・文化などを興味深く学ぶことができます。実習を中心としたプログラムを通じて北摂里山の保全や地域の活性化のための活動に取り組む人材を育成します。


受講にあたっては「感染予防ガイドライン」への同意が必要です。


楽しく学べる

里山管理だけでなく、生物多様性、環境学習、歴史・文化などを楽しく学びます。  

豊富なフィールド活動

北摂里山をフィールドに里山林整備、
植物観察、毎木調査などを実習。
 

充実した講師陣

県立大学等の研究者や森林ボランティア、
環境活動団体などを講師として迎えます。

広がるネットワーク

保全活動団体との協働作業を通じて交流を深め、ネットワークを広げます。



動画で見る北摂里山大学